ポイントの貯め方!クレジットカードよって貰える数に違いが出る!?

未分類

ポイントの貯め方を解説!

クレジットカードのポイントを貯めるときは、支払いをクレジットカードで済ませ、その利用額に応じたポイントを貰うのが一般的。

これは、どのクレジットカードにも共通する基本的な貯め方です。
しかし、クレジットカードはたくさんの種類があるため、基本的な貯め方にも貯まりやすさに違いがあります。

今回は、ポイントの基本「クレジットカード決済による貯め方」の各種違いを解説するのでご覧ください!

貯まりやすさの違いとは?

ポイントの基本的な貯め方は「クレジットカード決済による付与」。
しかし、同じ決済額・同じ還元率であっても、以下の点が違うことによって、ポイントの貯まりやすさにも影響が出ます。

  1. 利用額に対し幾らで1ポイント貰えるのか。
  2. ポイント付与の計測がいつ行われるのか。
  3. 消費税がポイント付与に関わるのか。

まず1番ですが、これは1ポイントが幾らの利用額毎に貰えるのか…で違いが出ます。

  • 100円で1ポイント貰えるクレジットカード。
  • 1,000円で1ポイント貰えるクレジットカード。

この場合、当然ですが100円毎に貰える方がポイントの取りこぼしが少なくて済みます。
そのため、初心者の方にはこちらの貯め方ができるクレジットカードの方がおすすめです!

もちろん、1ポイントの価値を加味すれば差は縮まるかも知れません。
しかし、前者の方が安心して貯められるとすれば、貯め方としてはお得と言えるでしょう。

2番目に見る点ですが、これは「利用額に対し1ポイント付与される」というタイミングが、いつ行われるのかで違いが出るというもの。

  • 会計の都度、利用額の何%かがポイントとなって還元される。
  • 1ヶ月の利用額をまとめ、その何%かがポイントとなって還元される。

この場合、後者の「1ヶ月まとめて」という方が、端数の取りこぼしを最小限に抑えることができます。
そのため、効率良くポイントを集めたい方には、後者の貯め方ができるクレジットカードを選ぶのがおすすめです!

最期に、ポイントの計測に「消費税」が組み込まれるのかどうかでも違いが出ます。

  • 消費税もポイントの換算に含まれるクレジットカード。
  • 消費税はポイントの換算に含まないクレジットカード。

この場合、消費税分も含まれるクレジットカードの方が、よりポイントが貯まります。
決済額によっては多額の消費税が取られることもあるので、それらの分もキッチリ還元される貯め方を持つクレジットカードの方がおすすめです!

より効率良く貯める方法とは?

ポイントは、還元率の違いだけでなく、クレジットカードの利用方法等でも貯まりやすさに違いが出ます。
そのため、もし効率の良い貯め方を知らないと、同じ決済額・同じ還元率でも貯まるポイントに大きな違いが出ることも!

下記の記事では、クレジットカードのポイントをたくさん貯めるための方法を紹介します。
どのようなクレジットカードがポイントを貯めるのに最適なのか…それを下記の記事で解説するので、興味のある方はご覧ください!

効率よくポイントを貯める方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました