スキンから入力したタイトル

スキンから入力したアピールエリアメッセージです。

スキンボタンキャプション

ポイントを効率良く貯めるために必要なクレジットカードの選び方!

真にポイントが貯まるクレジットカードの選び方!

クレジットカードのポイント還元に関するお得な情報を紹介します!

クレジットカードの魅力といえば、ポイント還元サービスですよね。
ポイントは1回で貰える量は微々たるものでも、気づけば数万円分のポイントが貯まっていることも珍しくなく、多くの人が受けられるクレジットカードの嬉しいサービスです!

そんなポイントですが、実はクレジットカードによって貯まりやすさにバラつきがあります。
その差は結構広く、比較するクレジットカードによっては2倍~3倍違うことも!

こういったポイントに関する情報を知らずにいると、アナタがクレジットカードを選ぶときハズレを引かされるかも知れません。
そんなクレジットカードを使うよりは、ポイントが貯まりやすいものの方が良いですよね?

そこで当サイトでは、ポイントの恩恵をたくさん受けられるクレジットカードの選び方を紹介!
また、ポイントに関して「これがおすすめ!」というクレジットカードも紹介しているので、そちらもぜひご覧ください。

厳選した7枚のクレジットカード!

当サイトがおすすめする7枚のクレジットカードが、ランキング順で確認できます!

「ポイントが貯まりやすい♪」
そんなクレジットカードを知りたいと思っても、実際探すとなると大変ですよね。

  • 還元率はどれくらいものが良いの?
  • 還元率だけを見れば良いの?
  • どんなクレジットカードが貯めるのに適しているの?

そんなことを考えだすと、ただでさえクレジットカードは枚数が多いので比較するのが大変です!

そこで当サイトでは、みなさんの手を煩わせないよう、高還元率でおすすめのクレジットカードを厳選!
どのようなクレジットカードがあるか参考にしてみたい方は、ぜひランキングをご覧ください。

ランキングを見る!

還元率についての基礎知識を知っておこう!

ポイントを貯めるうえで、還元率についてはキチンと知っておくべき!
でないと、ポイントが貯まりにくいクレジットカードを掴まされることがあるからです。

クレジットカードの還元率は、0.5%のものが一般的。
そのため、還元率0.5%以下のクレジットカードは、ポイントを貯めたいなら選ばない方がおすすめです。

0.5%は平均値であり、それ以上の還元率を持つクレジットカードもたくさんあります!
還元率の基準は、以下のように覚えておくと選びやすいかと思います。

還元率 度合い
0%~0.49% 貯まりにくい
0.5%~0.74% 普通
0.75%~0.99% まぁまぁ
1.0%~ 高還元率

還元率の簡単な早見表は上記の通りです。
もし還元率について、もっと詳しく知りたいという方は、こちらにまとめてあるのでご覧ください!

還元率の知識を付ける

そもそもポイントは貯めた方が良いの?

「クレジットカードでポイントを貯めるべき!」
そういった話はよく聞きますが、実際のところ本当に貯めるべきか気になりますよね。

結論から言うと、当サイトはクレジットカードでポイントを貯めることをおすすめします!

上述した通り、クレジットカードの還元率は1.0%以上で高還元率と呼ばれる世界。
1.0%というと、利用額100円に対し1円が返ってくる程度なので還元サービスとはいえ些細なものです。

しかし、これを1年続けるとどうなるでしょうか?
また、たくさん利用したり、さらに高還元率のクレジットカードを使ったりした場合もどうなるでしょうか?

知らず知らずの内に、数万円分のポイントが還元されている可能性もあります!
クレジットカード払いに変えるだけで数万円分のお得が味わえるので、ポイントは貯める方がお得です。

元々は些細なポイントが、実際に貯めるとどれくらいお得なのか知りたい方は、「ポイントとは何か」が書かれたこちらの記事をご覧ください!

ポイントとは?

「高還元率」とはどんなクレジットカードを指すの?

上述した通り、クレジットカードの還元率は0.5%が平均値。
そして、1.0%を超えるものだと高還元率のクレジットカードと呼ばれます。

このとき、ポイントをたくさん貯めたいなら、還元率が高いクレジットカードを選べば良いと単純に思いますよね。
確かにそれは間違いではありませんが、しかし、より貯まりやすいものを選ぶなら還元率だけを見るのではもったいない!

例えば、JCBカードが発行します「JCBカードW」は、基本還元率が0.5%とそこまで高くありません。

本来であれば、高還元率ではないこのクレジットカードを選ぶべきではないと思うことでしょう。
しかし、実は付帯しているサービスのおかげで、JCBカードWは還元率が1.0%を超えます!

また、特定の条件下なら還元率が1.0%よりもっと高くなる場面も存在。
そのため、還元率の初期値だけを比較するのでは、真にポイントが貯まりやすいクレジットカードかどうかは分かりません!

ポイントを貯めるなら、クレジットカードのこうした部分も知っておくと非常に有利。
こちらの記事では、ポイントが貯まりやすい「クレジットカードの選び方」を紹介しているので、気になる方は書くにしてみてください!

年会費無料のものにも高還元率は多い!

何か物を買うときだったり、何かサービスを受けるときだったり。
こういった際は、基本的に「値段が高い」方が良いものを得られるとされていますよね。

クレジットカードもそれは同じですが、ポイント還元サービスにおいてはその考えは当てはまりません!

実は、ポイント還元について高還元率のクレジットカードは年会費無料のものにもたくさんあります。
そのため、ゴールドやプラチナランクのクレジットカードでなければならない…ということはないのです!

現に、当サイトではポイント還元率が1.0%を超えるクレジットカードを紹介していますが、そのどれもが年会費無料です。
こちらで年会費無料且つ高還元率のクレジットカードを確認できるので、アナタの目で真実を確認してみてください!

年会無料の高還元クレカ

交換先は事前に調べておこう!

ポイントと聞くと、還元率や貯まりやすさに目が向く方は多いでしょう。

確かにそれは間違いではありませんが、ポイントにおいて真に肝心なのは「貯めたポイントの交換先」。
なぜなら、ポイントが貯まりやすくても、それを消費できなければ宝の持ち腐れだからです!

つい貯めることに気が向きがちですが、実際は消費しなくては恩恵を受けられません。
本来の目的を見失わないよう、クレジットカードを作る前には「ポイントを貯めた先で何ができるのか」の確認は忘れないようにしましょう!

ポイントの使い方、ミスると損をしてしまう!?

クレジットカードのポイントには、以下のような様々な使い道があります。

  • カタログ商品との交換
  • 会計額に充当
  • 他ポイントへの移行
  • 自動でキャッシュバック

ポイントを消費するとき、クレジットカードによってはどの消費方法を選ぶかで損をすることがあるので注意!

例えば、「カタログ商品との交換」を選ぶとき、定価10,000円の商品との交換に必要なポイント数が5,000だとしましょう。
この場合、10,000円の商品に対し5,000ポイントが必要な訳ですから、1ポイントの価値は2円になります。

対して「会計額に充当」するとき、1円分の値下げが1ポイント毎にできるとしましょう。
この場合、1ポイントの価値は1円になります。

すると、どうでしょう?
「消費する」という意味は同じでも、それぞれのポイントの価値には2倍の差があることが分かります!

もし前者を選んでいれば2倍お得だったのに、後者を選ぶと半分の恩恵しか受けられません。
こうした損をしないためにも、ポイントの消費先は何がお得かを知っておきましょう!

ポイントのお得な使い方

タイトルとURLをコピーしました